選手、監督のコメント
アルジェリア戦後のコメント

ラドミール・アンティッチ監督:

最も強く印象に残ったのは、選手たちのゲームに対する姿勢だった。
約束したように、これが親善試合であるという意識をもたず、
90分でプレイの質を高めるだけでなく、良い結果をもって世界での権威を
強くしなくてはならなかった。それは成功した。
どの勝利からも、練習試合であっても、未来に利用するための教訓を
引き出さなくてはならない。ピッチはあまり良いものではなかったので、
誰も怪我しなかったことを嬉しく思う。
最後に、観客席の雰囲気はとても素晴らしかった。

デヤン・スタンコヴィッチ:

勝利する時は、いつもすべてが上手く行ったと言えるものだけれど、
この試合についてもそうだ。
勝利と共に、最も大事なのは、僕達全員が無事であったこと。
ピッチはとても厄介で、そこから思えば素晴らしい結末だった。
このようなでこぼこな地面では、3点取るのは楽ではなかった。
雰囲気はとても素晴らしかった。アルジェリアのファンはとても多かったけれど、
7万人もいる観客席なら、もっと熱狂してもよかっただろう。

マルコ・パンテリッチ:

観客席からの強いプレッシャーと悪いピッチという問題があったにもかかわらず、
僕達は良い時間にゴールしたし、試合を良くコントロールした。
僕達は勝った。代表のすべての試合の後にこういった良い気持ちでいられるのは
最も大事なことだ。

ボシュコ・ヤンコヴィッチ:

(怪我で休養した)半年後に再び代表の試合でプレイしたことは嬉しい。
監督とは20分プレイすることを取り決めてあった。
プレイするのは辛いピッチだったし、また怪我を再発させる危険もあったから。
僕達は勝ち、無事にピッチを後にした。それが最も大事なことだ。
観客は本当に素晴らしかった。
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2010-03-05 00:42 | orlovi
<< セルビア代表ニュース アルジール戦 >>