関係者のコメント
ズヴェズダの監督を務めたイタリア人ヴァルテル・ゼンガのコメント

あの事件を起こす動機は多い。その中には政治もある。
それはセルビアの国民だけが理解できることだ。
しかし、私はベオグラードに多くの素晴らしい友人がいるので、
今はとても悲しんでいる。残念なことに、あのならず者達が勝ち、
望んでいた人気を得てしまった。連中は外国の新聞の見出しに載り、
皆が話題にする。同時に、正しく、秩序だったセルビアは負けた。
試合の映像を見てほしい。客席にいるセルビアのファンは普通の人間だ。
本当のサポーターだ。

ひとつの国全体を責め、有罪とするのは間違っている。
セルビアの国民は、代表選手達と同じようにあの野蛮な行為を恥じている。

ズヴェズダとパルティザンの間で移籍したのはストイコヴィッチが初めてはないし、
最後でもない。クレオという例もあるが、彼はズヴェズダのファンの標的では
なかった。しかし、皆がストイコヴィッチを偉大なズヴェズダの選手(ファン)として
考えていたのが問題だ。

(この事件は予測できたことだったのか?)
20年も振り返ることはない、たった20日だ。
セルビア-エストニアの試合で起きたことを見たはずだ。
ベオグラードでのゲイ・パレードの後の出来事も同じ。
それはジェノヴァで起きたことの予告だった。
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2010-10-14 20:48 | orlovi
<< 選手のコメント 選手のコメント >>