選手のコメント
イタリア戦の判決について選手達のコメント

ヴラディミール・ストイコヴィッチ:

あのような罰は嬉しくはない。イタリアには試合中止の責任の大部分があると
思うからだ。その一方で、もっと悪い事態になる可能性もあったから
満足してもいる。
僕達はもう予選突破の候補ではなくなったのは明らかだけど、
それは僕達にとって良いことだ。すべてのチャンスは失われていない。

イヴァン・オブラドヴィッチ:

UEFAが僕達にもう少し寛大になってくれることを願っていたけれど、
そんな幸運はなかった。
報道されたことや、可能性のあるシナリオを思えば、おそらくは
そんなに悪くないのかもしれない。勝ち点を引かれなかったのは良いこと。
でも、イタリアとピッチで解決するチャンスを与えられなかったことは
残念に思う。
まだ試合はあるし、上位に行くチャンスも充分にある。
僕達は秩序を取り戻し、残りの試合に全力を注がなくてはならない。

イヴィツァ・ドラグティノヴィッチ:

スポーツ界にいる誰もが、我々に再試合のチャンスなどほとんどないと、
3-0でイタリアの勝利となるとわかっていたはず。
無観客試合の1試合で切り抜けることができるが、
もしこれが我々にとって最後のレッスンであり、これを最後の教訓とするのなら
あのようなことを以後繰り返すことはないだろう。

パヴレ・ニンコフ:

嬉しくはないけれど、酷く悲しいともいえない。
EURO予選のレースにはまだ望みが残されているから。
すべてのライバルに勝つのは難しいけれど、僕達のサッカーにとって、
代表にとって、目的があること、望みへの扉が少しでも開かれていることは
大事なことなんだ。こんな状況ではただポジティブであるべきだ。

デヤン・スタンコヴィッチ:

2位にはたどり着く。イタリアは僕達と6ポイント差があるけれど、
彼らは僕達のホームへ来る。まだ多くの勝ち点が取れるし、
もしプレイオフへ進むことができ、予選を突破したなら
僕達は3倍も強くなれる。今この最も厳しい時にこそ、僕達はまっすぐ
立っていなくてはならない。
僕は何度か無観客で試合をしたことがあるけれど、とても酷いものだ。
しかし僕達は選べない。すべての醜いことに終止符を打たなくてはならない。
皆はもううんざりしているのだから。
北アイルランド戦までの5ヶ月は、僕達が安定を取り戻し、準備するには
充分だ。

ブラニスラフ・イヴァノヴィッチ:

敗戦はいつでも痛い。特に戦わずして負けたときには。
個人的にはエストニアに負けた試合のほうが痛い。
イタリアでの勝ち点3よりエストニア戦でのそれの方を惜しむことに
なるかもしれないことを恐れている。
僕達は意気消沈してはいられない。まだ何も失っていないのだから。
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2010-10-30 17:43 | orlovi
<< セルビア代表ニュース 関係者のコメント >>