選手、監督のコメント
ヴラディミール・ペトロヴィッチ監督:

我々は前半臆病だった。後半は少し良くなった。
試合の終盤にパスを回してしたが、最初からそうプレイすべきだった。
選手達の重責は明らかに大きすぎた。
我々はそれを感じ、そのためにミスをしてしまった。
勝つことが最も重要なことだが、我々はもっと良いプレイをしなくてはならない。

デヤン・スタンコヴィッチ:

(北アイルランド戦の勝利によってセルビア代表がグループCのレースに
戻ってきたことについて)こうなるだろうと僕達はわかっていた。
だから勝利をとても喜んでいる。
僕はイタリアはスロヴェニアに勝つだろうと言った。
今はすべてが変わった。
6つの決勝(のような試合)の最初の試合に勝った。まだ5つ残っている。

マルコ・パンテリッチ:

このゴールは僕の母に捧げる。何故なのかは母が知っている。
チームメイトに感謝している。僕達はひとつになって戦った。

ブラニスラフ・イヴァノヴィッチ:

前半リードされていた時は楽じゃなかった。でもその時でも僕達は
励まし合い、言った。「行こう、勝って帰るために」
幸運にもそれができた。
確かにスロヴェニアでのイタリアの勝利は僕達にとって都合が良い。
でも、僕達は自分のプレイと結果に集中すべきだと思う。
エストニアでの勝利は2位になるためには絶対に必要だ。

ジェリコ・ブルキッチ:

僕達は独特なやり方で試合に入った。僕達は無観客のマラカナに慣れていなかった。
それが失点してしまった理由のひとつかもしれない。あれはミスの連鎖の結果だった。
その後は無観客であることを気にしないように努め、2点獲ることができた。

ミロシュ・ニンコヴィッチ:

難しい試合だったけれど、だからこそ勝利はより甘く、続く予選試合に
大きな意味をもつだろう。
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2011-03-26 11:40 | orlovi
<< エストニヤ戦 セヴェルナ・イルスカ戦 >>