セルビア代表ニュース
ザンクト・ガレンにて、26日親善試合スペイン戦の前日記者会見

シニシャ・ミハイロヴィッチ監督:

現在の世界王者、欧州王者であるスペイン代表との試合が
代表監督としてのデビューであることに、それほどプレッシャーを
感じてはいない。
私の焦点は我々の代表を準備すること。我々は良い雰囲気であると言える。
すでに言った通り、もっと楽な相手を選ぶこともできたが、
これが我々の真の可能性を知るのには最も良い方法だ。

3-4-2-1のフォーメーションでプレイするだろう。
我々の選手たちの特性に最も適したシステムだと思う。
この3試合をそうして戦い、良いようだったら続ける。
もし良くなかったら、変えるだろう。
新しいフォーメーションは問題ない。大事なのは良いプレイをすること、
選手達が私の言ったことを理解することだ。
チームをまとめるのに多くの時間がなかったのは事実だが、
我々にはやりたいことが多くある。
結果が第一のプランではない。しかし、負けるためにピッチに出ることはない。

ブラニスラフ・イヴァノヴィッチ(新キャプテン):

僕達はまったく新しいスタートに立っている。
チェルシーでチャンピオンズ・リーグのトロフィーを獲ったことは、
言い表せない喜びをもたらした。
僕の代表でもそんな素晴らしい体験を続けていきたい。
僕は代表のキャプテンになったのだから。
その二つは世界のサッカー選手の願いであり、夢だ。
僕達は若さと経験が良く融合していて、予選への準備もできていると確信している。
何日か一緒にトレーニングした後、僕達は正しい道を進んでいると感じた。
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2012-05-26 13:58 | orlovi
<< シュパニヤ戦 デキ、代表とインテルでの今後に... >>