選手、監督のコメント
オーストリア戦後のコメント

ラドミール・アンティッチ監督:

これは我々が必要としていた勝利であるが、プレイ、チームを作ったことが
大事であり、その結果として勝利がついてくる。
我々のほうが優勢だった。特に前半。私がチームとアイディアを信じているという
証とするため、私はリトアニア戦から構成を変えなかった。
ゴールは運が良かったからとも言えるが、偶然ではない。
我々はより多くボールを支配していたのだから。

ミロシュ・クラシッチ:

結果はどうあれ、オーストリアは強い相手。でも、僕達は試合のあらゆる面で
彼らに勝っていた。僕のゴールはコソフスカ・ミトロヴィツァの皆と僕の両親に捧げるよ。

ミラン・ヨヴァノヴィッチ:

前半の僕達は素晴らしいプレイをしたけれど、後半は落ちてしまった。
オーストリア戦は何でも起こりえたから、僕達はスタートから強くいこうと話した。
彼らはフランスを破ったとはいえ、僕達は彼らを攻撃するのに恐れはなかった。
試合の後、僕がファンのところへ行ったのは、スルプスカ共和国からの
横断幕に心動かされたから。僕らと共にある、スルプスカ共和国、モンテネグロの
ファンにも感謝している。

イヴァン・オブラドヴィッチ:

これは僕の代表初ゴール、もちろん、とても嬉しい。
このゴールは僕の自信を深めてくれる。

アレクサンダル・ルコヴィッチ:

アンティッチ監督からの追加召集には驚いた。僕がウィーンに着いた時も
スタメンになるだろうとは思ってもいなかった。これは僕の代表20試合目、
僕の復帰が勝利で記録されたのは嬉しい。

ヴラディミール・ストイコヴィッチ:

僕達は男らしくプレイした。3-0の後でも僕達にはやることが多くあると
わかっていた。でも、すべては僕達次第だった。
予選の中断前に良いスタートを切ったけれど、まだ何も約束することはできない。

ブラニスラフ・イヴァノヴィッチ:

僕達は勝利をとても強く望んでいた。
早くに三点決め、それから賢く、上手にボールをキープしていた。
どこが危険かを察知し、チームとして素晴らしい仕事をした。

マルコ・パンテリッチ:

勝ち点6を獲るという僕の願いは実現した。それがとても誇らしい。
僕達はプレイすること、ボールをキープすることを知っていた。
後半に良いチャンスはなかったかもしれないけれど、90分で印象は決まる。
このセルビア代表チームをファンは誇りに思うだろう。
またゴールしなかったから、僕に運がなかったという人はいるだろうが、
勝ったのだからその反対だ。チームのために、勝利のために走り、仕事を
するのは好きだ。ゴールしなくても、僕は顔を挙げてピッチを出る。
クラシッチ、ヨヴァノヴィッチ、オブラドヴィッチの得点は心から嬉しいよ。

ニコラ・ジギッチ:

僕達は素晴らしいゴールを決めた。前半での得点は、すべての試合で
欲しいと思うものだと僕達はわかっていた。穏やかな冬を迎えられる。
僕達には春にもっと良くなる余地がある。

ボシュコ・ヤンコヴィッチ:

僕達は大きな勝利を手にしたけれど、満足することはできない。
事実上予選は始まったばかりだから。僕が試合に入る前、
レアル・マドリーを見ているだった。シュートしたボールがすべて
ゴールに入るような。
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2008-10-16 21:48 | orlovi
<< バロンドール候補30人発表 アウストリヤ戦 >>