FIFAクラブワールドカップ2008
マンチェスター・ユナイテッド 5-3 ガンバ大阪

先制点はヴィディッチ!でも怪我で交代したのは気になるところ…。


・ヴィディッチのトヨタ・カップの思い出

ズヴェズダとコロコロ(1991年)の試合は僕達の時間で早朝だったことを
覚えている。僕と兄は、父に起きて見ることができるだろうか、と訊いた。
父はできるよ、と言い、僕達は試合を楽しんだ。ユーゴスラヴィアは
小さい国だったから、世界一になることはそうあることじゃない。
それはユーゴスラヴィアとセルビアのサッカーにおいて大いなる年だったんだ。
そして僕はツルヴェナ・ズヴェズダでプレイすることを夢見始めた。
僕のあの時のアイドル達のように、クラブ世界選手権の決勝でプレイする
なんて思わなかった。もし、ここ(日本)で勝っても、僕が世界一のタイトルを
もつ最初のセルビア人になるわけではないけれど、僕が最後になるわけでも
ないと信じている。
1991年のズヴェズダのように、僕も世界一だと言えたなら素晴らしいこと。
僕がそうだったように、それが子供達に感銘を与えられるなら良いね。
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2008-12-18 22:06 | orlovi
<< CL決勝トーナメント1回戦の組... ポリスカ戦 >>