人事往来
ボスニア生まれ、アメリカ・ユース代表歴をもつボルシア・ドルトムントのDF
ネヴェン・スボティッチがセルビアA代表を選択。ベオグラードにて正式発表。

1988年12月10日、バニャ・ルカにセルビア人の両親の間に生まれる。
1歳の時、家族でドイツへ移住。7年後アメリカへ移住、以後
アメリカ代表のすべてのユース・カテゴリーを経験。
ドイツのマインツでプロ・デビュー。

上記の経歴により、彼にはA代表についてはアメリカ、BiH、セルビアという
選択肢がありました。(さらにはドイツも興味を示していたとも)

スボティッチのコメント:

僕の家族はセルビア人で、僕もセルビア人。ここにいるのはとても嬉しいし、
正しい決定をしたのだと確信している。どこからもプレッシャーはなかった。
多くの人と話をした。その中にはチームメイトで親友のルカヴィナもいる。
彼の話は僕にとってとても助けになったけれど、決めたのは僕だけの考えだ。

a0010884_2315132.jpg


早ければ2月の親善試合でデビューか?と言われています。
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2009-01-09 23:01 | orlovi
<< 2008FIFA年間最優秀選手 人事往来 >>