選手、監督のコメント
ワールドカップ出場を決めて喜びのコメント

ラドミール・アンティッチ監督:

とても満足している。嬉しくて、今は何も言うことができない。
涙を止めることができないほど、とても素晴らしいことだ。
国民は祝祭を贈るのに相応しく、我々は最高の形で仕事ができたと思っている。
我々はセルビアの最高の姿を世界に配信するチャンスを利用できた。
我々の望みはワールドカップでもその価値を証明すること。
セルビア人は決して劣ってなどいないのだから。

デヤン・スタンコヴィッチ:

今、僕は世界で一番幸せな男だと思う。ファンと、僕達に勝者のメンタリティを
植えつけてくれたアンティッチ監督に感謝している。

ニコラ・ジギッチ:

ここベオグラードで南アフリカ行きを決めると僕達は信じていた。
僕達を勝利へ導いてくれた素晴らしいファンには感謝している。
この瞬間のチームの雰囲気を言い表すことはできない。
セルビアのサッカーとセルビアのファンにとって素晴らしい瞬間だ。

ミラン・ヨヴァノヴィッチ:

僕の人生の中で最も幸せな日だ。ワールドカップ予選突破を決めた、
このチームの一部であることはとても嬉しい。
ゴールはチーム全体の素晴らしいプレイの賜物だ。
2-0になるまでは苦しかったけれど、その後はエキシビションだったね。
今引退しても良いくらいだ。選手として人間として望みが叶ったから。

マルコ・パンテリッチ:

子供の頃からセルビアがワールドカップへ行くことを夢見てきた。
いつでも僕はセルビア人であり、ベオグラードっ子だから。
セルビア人達にはどこにいようとも喜んで、誇りを持って欲しい。
僕もチームメイトもこのような素晴らしい日を贈ることができて嬉しい。
セルビアの名で僕達は初めてワールドカップへ行く。
南アフリカではもっと強く、もっと良くなるよ!
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2009-10-11 11:57 | orlovi
<< デキ、代表85試合達成 ルムニヤ戦 >>