<   2010年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧
人事往来
マンチェスター・ユナイテッド所属のゾラン・トシッチは1FCケルンへレンタル移籍決定。
期間はシーズン終了まで。
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2010-01-31 18:52 | orlovi
ジュロフスキ・コーチのインタビュー
Vecernoj novosti紙のジュロフスキ・コーチのインタビュー

我々はほとんど同じチームではいられない。とても素晴らしい3選手を連れてきたからだ。
浦和から帰化ブラジル人ストッパーの闘莉王、札幌からコロンビア人MFのダニルソン、
大分から代表の金崎。先シーズンのメンバーと共に、ストイコヴィッチとフロントは
優勝のタイトルを目標として掲げている。我々にはACLの負担がなくなるだろうから。

・ダニルソンの加入で、マギヌン、ブルザノヴィッチと外国人枠が埋まった

シーズン途中で加入したことを思えば、ブルザはとても良く順応した。
次のシーズン、共にトレーニング期間を過ごせば、自分の才能を示すだろうと
期待している。バヤリツァはセルビアへ帰った。

・名古屋にはワールドカップの代表となるであろう選手たちがいる

楢崎、闘莉王、玉田と金崎は日本代表として、ケネディはオーストラリア代表として
プレイするだろう。彼らと共に、オランダへ移籍した吉田も。

・オフ期間も勉強のために過ごした

ピクシーはロンドンに滞在し、チェルシーとアーセナルを訪問した。
私は5日間ジュネーヴにいた。FIFA、UEFAのインストラクターである古い知人と
会い、トレーニングを見学し、文献を手に入れた。

・セルビア選抜は4月7日に日本へいくだろう

ピクシーは日本でかなりの影響力を持っている。だから、この試合もほとんど数分で
組織された。この国ではまさしくイコンなんだ。最新の情報によれば、試合はおそらく
名古屋の我々のスタジアムで行われるだろう。
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2010-01-28 21:27 | grampus+j
ブルザノヴィッチのインタビュー
Vijesti紙のブルザノヴィッチ インタビュー訳(意訳・誤訳御免)

・モンテネグロ代表に召集されなくなったのは、2008年9月のブルガリア戦での
 ヴチニッチとの喧嘩が原因との話について

今はそれが理由だと100%確信している。何が起こったのかといえば、
彼が僕を侮辱したのであって、僕が彼を、じゃない。
試合の後すぐに僕は代表を離れたいと思ったけれど、仲の良かったチームメイトが
そんなことをするなと言ってきた。僕も余計な緊張状態はつくりたくなかった。
翌日、ヴチニッチが僕に謝ってきて、その後監督とチームメイトと会合をもった。
僕達は誤解をしていた。少なくともそう見えた。

・その後召集されなかったブルザノヴィッチが、代表の雰囲気は良くないと言い、
 フィリポヴィッチ代表監督を批判したことについて 

その時はそう思ったから言った。それは皆も知っていることで、僕はそれを言ったまでだ。
僕は代表で100試合プレイするだろうと思っていた。
結局7~8試合プレイしただけで、たぶんもうひとつもないだろう。
何か言うべきことがもっとあるのかもしれない。でも、問題を起こしたくない。
僕は今のキャリアに満足しているから。
フィリポヴィッチについては、彼とはいつも良い関係にあった。
彼はあのトラブルの後、僕を呼ばなかったし、何の理由も説明しなかった。
繰り返すけれど、彼は代表について何も考えていないと僕は思っている。

代表ではなにひとつ間違った歩みはしていなかった。いつも100%尽くしてきた。
サッカーをするものは誰もが自分の試合ではその時のベストを尽くすものだ。
僕はできる限り最良のプレイをした。

僕がモンテネグロ代表でなかったら、おそらく名古屋へは行かなかった。
あちらでは僕はツルヴェナ・ズヴェズダの選手としてではなく、代表選手として
知られている。
だから、正直に言うとデヤン・サヴィチェヴィッチにもゾラン・フィリポヴィッチにも
感謝している。彼らはある意味で、遠い日本でのチャンスを可能にしてくれたから。
僕は遠くにいる。現実的に、今召集されても、日本から帰って充分な準備をすることは
難しいだろう。
でも、もちろん、誰かが僕を必要だと思ってくれるなら、いつでも僕は代表のために戻る。

・名古屋への移籍について

それは僕の人生で最高の選択だった。
どれほど満足しているか、表すことができないほど。
大きなクラブでプレイしているけれど、サッカーを楽しんでいる。
ズヴェズダやブドゥチノストとは全く違って、それほどのプレッシャーはない。
もちろん、とても高い要求はある。
でもすべての敗戦は普通のことだし、すべての勝利も同じことだ。

・名古屋はリーグ9位だったが、天皇杯決勝とACL準決勝まで進んだ

クラブの歴史上最も成功したシーズンだった。トロフィーに近づいたけれど、
何も獲得できなかった。でも新しいシーズンはどの予想でも僕達はタイトルの
有力候補だ。僕達は最強のチームであり、正しい補強の新しい3人の選手が来るし、
素晴らしい監督がいる。僕はとても楽観的なんだ。

・今後のプランについて

できるだけ長く名古屋に残りたい。
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2010-01-24 23:00 | grampus+j
人事往来
レッドブル・ザルツブルクと契約を解除したサシャ・イリッチがパルティザンに復帰。

a0010884_23281778.jpg

[PR]
by yuzuru_yuyu | 2010-01-23 23:09 | plavi
人事往来
OFK所属のステファン・シュチェポヴィッチがサンプドリアへレンタル移籍決定。
期間は今季終了まで、その後正式契約のオプション付き。

ヴォイヴォディナは、ダニイェル・アレクシッチのジェノア移籍を発表。
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2010-01-21 21:31 | srbija
ピクシー、チェルシー訪問
チェルシーの公式サイトにピクシーの訪問の模様が載っています。
アンチェロッティ監督とはチャンピオンズ・カップで対戦した仲でしたね。

ANCELOTTI HOSTS FRIEND AND FORMER FOE

イヴァノヴィッチのインタビューにも登場。

THE THURSDAY INTERVIEW: BRANISLAV IVANOVIC
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2010-01-21 20:46 | piksi
セルビア代表ニュース
セルビア代表は3月3日にアルジェリア代表と親善試合を行う予定。
会場はアルジェリアのStade 5 Juillet 1962。
5月下旬のW杯事前オーストリア・キャンプでは、
ニュージーランド、ポーランドとの試合を予定しています。
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2010-01-16 23:04 | orlovi
人事往来
パルティザンとフィオレンティーナが、アデム・リャイッチの移籍に関し合意。
木曜日のメディカル・チェックにパスすれば、2014年までの契約に
サインする見込み。

リャイッチはマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が決まっていましたが、
労働許可の問題でマンU側が獲得を断念したそうです。

a0010884_23395774.jpg


正式に決まりました。
背番号22は彼のアイドルであるカカに倣ったもの。
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2010-01-14 21:09 | orlovi
ピクシーのインタビュー
里帰り中のピクシーがFSSを訪問。

・今回マラカナへの訪問がないことについて

ズヴェズダへ行く時間がない。私はクリスマスを家族と過ごすために
セルビアに来た。(セルビア正教のクリスマスは1月7日)
ズヴェズダは首位におり、それは良いことだ。
ズヴェズダを率いること、その長にあることはとても難しい。
私の会長任期中に、私達はヨーロッパ戦に参加し、
二冠を二度達成する結果を出せたのは幸運なことだった。

・ズヴェズダの監督になる予定は?

今はそのことを考えていない。しかし、決してない、とは言えない。
時間がもたらすものは誰にもわからない。

・ワールドカップでのセルビアの対戦相手について

ドイツはいつでも尊敬しなくてはならない。ガーナはおそらくアフリカの代表の中で
最強のチーム。オーストラリアも侮ってはいけない。
自分を信じて、チームのハーモニーを保つべきだ。
セルビアは予選において特徴を見せた。グループリーグを突破することを
期待している。監督、選手、協会のメンバー、そしてもちろん国全体が
そう思っていることを私は知っているから。

・日本サッカー協会から、2018、2022年ワールドカップ招致の
 親善大使に選ばれたことについて

日本人達は大きな栄誉を私に与えてくれた。天皇杯の前に日本サッカー協会から
ワールドカップ招致のための親善大使のポストをオファーされた。
私は受け入れ、契約にサインした。

・4月に日本で日本代表と親善試合を組むことについて

日本側はまだ親善試合の場所を決めていない。
確かなことは、セルビア(リーグ選抜)は4月に、FIFAの国際マッチウィークでは
ない時期に日本へいくだろう。この試合の話を私が主導したことは特に嬉しいことだ。

・日本での仕事について

とても満足している。すべてが望むように動いている。
名古屋はいつも中くらいのチームだった。私の目標は強く安定したチームを作ること。
最も美しいサッカーをすること。
街もクラブも我が家のように感じているし、レアルやマンチェスターのことは
考えることはない。

・今後の予定

1月16日にチェルシーVSサンダランドを見に行く。
バーネ・イヴァノヴィッチに会うつもりだ。
アーセン・ヴェンゲルに会いにアーセナルにも行く。何かを学ぶ機会を利用するためにも。
私は彼のようなキャリアを築いている途上にいるからね(笑)。
冗談はさておき、2年の経験で、ヴェンゲルと同じようになるだろうという言葉は
無責任なことだ。

・ピクシーは、セルビアから名古屋へ選手を連れて行くことは考えていない

選ぶことができるなら、ルーニーとクリスティアーノ・ロナウドを選ぶよ(笑)。
それは冗談だが、私は良いチームを持っているし、私の望むものはすべて連れてきた。
セルビアでの状況はフォローしていないが、日本に順応できる質の高い選手は
いると信じている。

・ドイツ・ワールドカップの時、SCG代表メンバーにズヴェズダの選手がなかった
 ことから、ピクシーから非難され、それが一大キャンペーンに発展したと
 ペトコヴィッチ監督がメディアに語ったことについて

彼を叩いたことはないし、これからもそのつもりはない。愚かなことだ。
真実とはかけはなれている。ペトコがそんなことを言うことができるとは驚きだ。
彼を人として監督として知っているだけに、そんなことを言ったとは信じない。
どの会長も、監督に影響を与えることはできない。
私が会長としてどうだったか、ゼンガに訊いてみるといい。
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2010-01-09 17:18 | piksi
人事往来
冬の移籍市場開く。

スポルティング・リスボン所属のヴラディミール・ストイコヴィッチは
ウィガン・アスレティックへレンタル移籍決定。期間は今季終了まで。
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2010-01-02 17:37 | orlovi