<   2010年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧
セルビア代表ニュース
セルビア政府は、パルティザンのブラジル人選手クレオに
セルビア国籍を与えると発表。
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2010-09-24 09:55 | srbija
ピジョン新監督のコメント
ピジョン新監督のコメント

セルビア代表を率いることは、私にとって大きな栄誉。
私はこの仕事を恐れない。そうでなかったら、このオファーは引き受けなかった。
私の目標は、かつて最高の形でワールドカップ出場を2度決めたように、
EURO2012に参加すること。

チームの状態は危うくはない。ヨーロッパのビッグクラブでプレイする
経験豊かな選手達もいるし、良い結果もついてくるだろう。
もちろん、次の試合までの時間は少ないので、チームを大きく変えるつもりはない。
私は負けるのは好まない。我々は必ず勝つために試合に出て行くだろう。

偉大な監督としてアンティッチのことを尊敬している。
我々は友人であるが、まだ連絡をとりあっていない。
チームについては、選手達のことは良く知っているので、なんの問題もないと
思っている。

(クレオのセルビア代表入りについて)
クレオがセルビアのパスポートを取得できるかどうか、まだわからない。
それがわかったら、また話をしよう。

(ストイコヴィッチの代表復帰について)
ストイコヴィッチは我々に必要な選手だ。優秀なGKは不足しているから。
彼が好調を取り戻したことは嬉しい。パルティザンへの移籍は幸運だった。
シャフタール戦を見たが、彼は良く守っていた。彼は代表のリストに入るだろう。
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2010-09-18 22:55 | orlovi
ペトロヴィッチ新監督お披露目
本日、セルビア代表新監督ヴラディミール・ペトロヴィッチ“ピジョン”の
就任記者会見がありました。
任期はEURO2012予選終了まで。予選突破の場合は本大会まで自動的に延長。

a0010884_23434199.jpg


ヴラディミール・ペトロヴィッチ “ピジョン”
1955年7月1日(55歳)
選手時代はズヴェズダ、アーセナルなどで活躍
ズヴェズダの第4星人
監督としての経歴:
1996-1997 ツルヴェナ・ズヴェズダ
1999      ボル
2002-2004 セルビア・モンテネグロU-21代表(欧州選手権準優勝)
2004      セルビア・モンテネグロ五輪代表(アテネ五輪出場)
2004      ヴォイヴォディナ
2005-2006 大連実徳
2007-2008 中国代表
2009-2010 ツルヴェナ・ズヴェズダ
2010      FCティミショアラ
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2010-09-17 22:22 | orlovi
贈る言葉
カピテンのデキから、アンティッチ監督へ贈る言葉

ラドミール・アンティッチとの2年間は、僕のこれまでの代表のキャリアにおいて
最も美しい時だったと言えるだろう。
アンティッチはとても素晴らしい人々と選手を選んだ。
僕たちが共に代表チームで仕事をする機会を得たことを嬉しく思う。
僕達はとても素晴らしく、成功した時を過ごしたと確信している。
代表チームの主将として、彼には感謝したい。
他のコーチング・スタッフにも僕たちがいつでも良い関係にあったことを
感謝したい。
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2010-09-16 20:00 | orlovi
アンティッチ監督解任
FSSは本日の執行委員会にて、ラドミール・アンティッチ監督の解任を決定。

後任はピジョンことヴラディミール・ペトロヴィッチ。
U-21代表(欧州選手権準優勝)、アテネ五輪代表を率いた監督です。


W杯は残念な結果ではありましたが、とても魅力的な良いチームをつくってくれたと
思っています。ミステル、ありがとうございました。
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2010-09-15 22:28 | orlovi
ミレ、現役引退
ミレ(ミレンコ・アチモヴィッチ)が33歳で現役引退を表明。
4月に手術した半月板の回復が思わしくないのが原因だそうです。

とても残念です…。

a0010884_23362033.jpg

[PR]
by yuzuru_yuyu | 2010-09-15 21:19 | mile
クロアチア・ボスニア料理店と写真展
大阪にあるクロアチア・ボスニア料理店「新町 シェフビッシュ」さん。
チェバプチチなど、名物料理が日本にいながらにして味わえます。
現地ラジオが流れる店内の雰囲気も良いです。
しかもランチは嬉しいお値段。お近くの方は是非!

新町 シェフビッシュ (shinmachi chefvish)
http://r.tabelog.com/osaka/A2702/A270201/27051345/
大阪府大阪市西区新町1-8-24 四ツ橋プラザビル 5FA号
06-6533-1614


9/26までボスニア・クロアチアフェアとチャリティー写真展を開催中だそうです。

『南アフリカワールドカップとフットボールの情景』
チャリティー写真展 岸本剛×世界を感じる6店
開催期間:2010.8.29(日)~9.26(日)
会場:大阪 阿波座~(立売堀)新町(堀江)~アメリカ村(西心斎橋)の6店舗

詳細は「クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナを考える会」さんのブログへ
http://blog.cro-bih.org/?eid=1292403
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2010-09-14 21:19 | slav
Srecan rodjendan!
今日はデキの誕生日。32歳おめでとう!
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2010-09-11 00:36 | deki
選手、監督のコメント
スロヴェニア戦後のコメント

アレクサンダル・ヤンコヴィッチ監督代行:

我々が予想していた通り、厳しい試合だった。
スロヴェニアは良く組織されており、彼らを、特にディフェンスを崩すのは難しかった。
終了の数分前に同点にした時、不満に思うことはできないのだろうが、
試合前の我々の野望は勝ち点1よりも多かったのだ。

デヤン・スタンコヴィッチ:

プレッシャーをかけるのが少なかった時間帯があったとしても、
僕達がぬるいプレイをしたと言うことはできない。
判定されないPKという状況もあった。いつまでこんなことが僕達に起こるんだろうか?
レッドカードであるべきだった。
でも、1-1で終わったのはそんなに悪くない結果だ。
予選は始まったばかり、まだ多くの試合がある。

ニコラ・ジギッチ:

ゴールしたのはとても嬉しい。素晴らしいサポートをしてくれたファンは感謝している。
勝つことができなかったことは残念だ。僕らには運が足りなかった。
今は悔やんでいる時じゃない。僕達は前を向いている。予選は始まったばかりだから。

ネマーニャ・ヴィディッチ:

審判について僕はコメントしたくない。 スロヴェニアのペナルティ・エリアで
ラゾヴィッチが倒された時、僕は近くにいなかったし、まだビデオも見ていないから。
試合を変えることができなかったのが残念だ。勝利へたどりつくまでに、
僕達には少し何かが欠けていたのだと思う。
この結果が最も現実的なのかもしれない。

ズドラヴコ・クズマノヴィッチ:

僕達は最後に勝ち点を取ることができた。多分、最も正しい結果ではないかと思う。
PKはあるべきだった。レッドカードも。それは全く試合を変えたかもしれない。

ミロシュ・ニンコヴィッチ:

ラゾヴィッチが倒された時に僕は近くにいたけれど、あれはPKに値する
ファウルだったことは明らかだ。
僕達はベストなスタートを切りたかったけれど、それが簡単にはできないだろうとは
わかっていた。スロヴェニアのポテンシャルを良く知っていたからね。
彼らは侮れないチームであることを見せた。
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2010-09-08 21:28 | orlovi
スロヴェニヤ戦
セルビア 1-1 スロヴェニア
ジギッチ 86' - ノヴァコヴィッチ 63'

ジュリチッチ、ルカヴィナ、ヴィディッチ、スボティッチ、ルコヴィッチ、
トシッチ(クラシッチ 46)、スタンコヴィッチ(カチャル 71)、クズマノヴィッチ、
ヨヴァノヴィッチ(ニンコヴィッチ 64)、ラゾヴィッチ、ジギッチ

a0010884_1133842.jpg


ズヴェズダのヴィロティッチに対する励ましのメッセージ
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2010-09-08 06:49 | orlovi