<   2010年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧
選手のコメント
イタリア戦の判決について選手達のコメント

ヴラディミール・ストイコヴィッチ:

あのような罰は嬉しくはない。イタリアには試合中止の責任の大部分があると
思うからだ。その一方で、もっと悪い事態になる可能性もあったから
満足してもいる。
僕達はもう予選突破の候補ではなくなったのは明らかだけど、
それは僕達にとって良いことだ。すべてのチャンスは失われていない。

イヴァン・オブラドヴィッチ:

UEFAが僕達にもう少し寛大になってくれることを願っていたけれど、
そんな幸運はなかった。
報道されたことや、可能性のあるシナリオを思えば、おそらくは
そんなに悪くないのかもしれない。勝ち点を引かれなかったのは良いこと。
でも、イタリアとピッチで解決するチャンスを与えられなかったことは
残念に思う。
まだ試合はあるし、上位に行くチャンスも充分にある。
僕達は秩序を取り戻し、残りの試合に全力を注がなくてはならない。

イヴィツァ・ドラグティノヴィッチ:

スポーツ界にいる誰もが、我々に再試合のチャンスなどほとんどないと、
3-0でイタリアの勝利となるとわかっていたはず。
無観客試合の1試合で切り抜けることができるが、
もしこれが我々にとって最後のレッスンであり、これを最後の教訓とするのなら
あのようなことを以後繰り返すことはないだろう。

パヴレ・ニンコフ:

嬉しくはないけれど、酷く悲しいともいえない。
EURO予選のレースにはまだ望みが残されているから。
すべてのライバルに勝つのは難しいけれど、僕達のサッカーにとって、
代表にとって、目的があること、望みへの扉が少しでも開かれていることは
大事なことなんだ。こんな状況ではただポジティブであるべきだ。

デヤン・スタンコヴィッチ:

2位にはたどり着く。イタリアは僕達と6ポイント差があるけれど、
彼らは僕達のホームへ来る。まだ多くの勝ち点が取れるし、
もしプレイオフへ進むことができ、予選を突破したなら
僕達は3倍も強くなれる。今この最も厳しい時にこそ、僕達はまっすぐ
立っていなくてはならない。
僕は何度か無観客で試合をしたことがあるけれど、とても酷いものだ。
しかし僕達は選べない。すべての醜いことに終止符を打たなくてはならない。
皆はもううんざりしているのだから。
北アイルランド戦までの5ヶ月は、僕達が安定を取り戻し、準備するには
充分だ。

ブラニスラフ・イヴァノヴィッチ:

敗戦はいつでも痛い。特に戦わずして負けたときには。
個人的にはエストニアに負けた試合のほうが痛い。
イタリアでの勝ち点3よりエストニア戦でのそれの方を惜しむことに
なるかもしれないことを恐れている。
僕達は意気消沈してはいられない。まだ何も失っていないのだから。
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2010-10-30 17:43 | orlovi
関係者のコメント
イタリア戦の判決について関係者のコメント

トミスラフ・カラジッチ会長:

判決は良いものではないと思っている。特に試合が3-0でイタリアの勝利と
されたことについては。罰のその他の部分は多少は予期していた通りだ。
UEFAからの詳細な説明を受けた後で、我々の最終的な立場を表明するつもりだ。

ゾラン・ラコヴィッチ事務長:

判決は満足できるものではない。ピッチの上で負けていないのに
イタリアから勝ち点を失うのは、もちろん喜ばしいことではない。
その他は、規律調査官の提案したものよりも部分的に緩やかなものだ。
UEFAの規律委員会に臨んだ、我々の断固とした態度の証だ。
もちろん、我々には異議申し立ての権利はあり、もう一度熟慮して、
決定を下すだろう。

イヴァン・チュルコヴィッチ副会長:

事務的な結果で我々が試合に負けるのは大きなハンディキャップだ。
我々の立場をUEFAの規律委員会の面々に証明するために、
最大限の努力をした。
我々にはサッカー界の秩序を回復させる戦いが残っており、
それは当然、我々の最優先課題だ。

ヴラディミール・ペトロヴィッチ監督:

イタリアと試合をする機会もないまま、負けたことはとても残念に思う。
今後の試合について、ホームの2試合(フェロー諸島戦とイタリア戦)では
ファンの前で試合ができる事実は、我々に力を与えてくれる。
我々へのサポートが決戦への大きな助けとなることを信じている。
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2010-10-30 10:26 | orlovi
イタリア戦判決
イタリア-セルビア戦の暴動事件に対する判決。

試合は3-0でイタリアの勝利。
セルビアは1試合の無観客試合、執行猶予つきでもう1試合。
12万ユーロ(約1300万円)の罰金。
イタリアは10万ユーロ(約1100万円)の罰金。
執行猶予つきで1試合の無観客試合。

来年3月25日の北アイルランド戦が無観客試合となる予定。
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2010-10-29 22:45 | orlovi
ピクシー監督、名古屋と契約更新
ピクシーと名古屋グランパスは契約を更新。
来季も日本にいます。

ストイコビッチ監督、契約更新のお知らせ(名古屋グランパス公式HP)
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2010-10-29 21:01 | piksi
セルビア代表ニュース
26日の記者会見にてペトロヴィッチ監督は、11月17日の
ブルガリアとの親善試合ではヴラディミール・ストイコヴィッチの召集はなく、
アデム・リャイッチとGKボヤン・ヨルギチェヴィッチ(ゲント)を召集する予定だと語る。

ピジョンのコメント

今は他のGKを試すことを考えている。ただ一人にばかり頼るのは
良いことではないから。
これは(デルビーでのストイコヴィッチの)Tシャツとは関係ない。

(ズヴェズダのレジェンドとして、Tシャツのメッセージに怒りを感じるか?)
個人的にそれはない。騒ぎの大きさを見て、あの後すぐストイコヴィッチは
きっと悔やんだだろうと思う。
私は仕事をするところでは、扉は開けておくようにしている。
おそらく彼はすべてを深く考えていなかったのだろう。
私は代表選手達とそのことについて話していないし、
ズヴェズダで一緒にプレイした選手達のうちの誰かが彼に電話したか
どうかは知らない。彼らはストイコヴィッチに何か言ったかもしれない。

(リャイッチについて)
我々はミハイロヴィッチと連絡を取り合っていたが、彼はリャイッチが成長し、
素晴らしいプレイをし、欠点だったディフェンス面でも向上していると語った。
フィオレンティーナでPKを任されることは小さなことではない。
彼は招集されるだろう。

(139.デルビーについて)
あのような雰囲気では、誰もリスクを冒す動きやドリブルをしようとする
勇気も気概も持っていなかった。ここにいる皆が、デルビーにおいて
どの選手が最高だったか簡単に選ぶことはできないだろう。
おそらくはムラデン・クルスタイッチだろうが。
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2010-10-28 21:50 | orlovi
139.デルビーを終えて
139.デルビー終了後のストイコヴィッチの行為について、
スーペルリーガの規律委員会は反スポーツ的だったとして
120,000ディナール(12万円)の罰金を課すと決定。

ストイコヴィッチのコメント

僕は誰も侮辱するつもりはなかった。僕は自発的に試合前にシャツに文を書いた。
誰も挑発するつもりはなかった。メッセージは南スタンドのファン(グロバリ)へ
捧げたものだった。過去にパルティザンに対して悪い考えを持っていなかったと
彼らに言いたかったんだ。このメッセージで誰かを傷つけたのなら謝罪する。
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2010-10-27 02:20 | srbija
選手、監督のコメント
a0010884_111386.jpg


139.デルビーで「僕の醜い過去を許してくれ」と書いたアンダーシャツを
グロバリに見せたヴラディミール・ストイコヴィッチのコメント

これが挑発だとは思っていないが、僕のズヴェズダとの関係はもう昔と同じではない。
デルビーに勝った後、珍しいことをしたわけじゃない。僕のサポーターと喜びを
わかちあい、思ったことを彼らに言ったまでだ。
もちろん、僕だって事態の沈静化を望んでいる。でも僕には自分の立場を示す
権利がある。ジェノヴァで起きたことがスポーツ的で、ファンに関わるもので
あったのか?
8月29日にパルティザンとサインした時から、僕はパルティザンのGKだ。
パルティザンは僕の未来であり、クラブが僕をスポルティングから
買い取ってくれたなら、とても嬉しいね。


これに対してズヴェズダ関係者のコメント

オグニェン・コロマン:

彼があんなメッセージを見せた理由がわからない。
ファンを刺激する必要はなかった。僕達ズヴェズダの選手は(パルティザンへ
移籍するという)彼の決定にコメントしなかったのに。

ドゥシャン・サヴィッチ:

彼は未熟な人格を露呈した。醜い振る舞い故に、以後もプレッシャーにさらされ、
後遺症を負うことになるだろう。

ドラギシャ・ビニッチ:

ストイコヴィッチは酷い振る舞いをしたが、このやり方でズヴェズダでの
自分の監督(ゼンガ)を否定した。彼なしでは代表のGKにはなれなかったというのに。

ステヴァン・ストヤノヴィッチ:

彼は大人の男で、プロフェッショナルだが、デルビーの終了後にやったことは
非常に穏やかに言えば、礼儀知らずだった。
(ジェノヴァでの襲撃事件がそうさせたとの意見に対し)
自分が名声を得たクラブに対して唾を吐いたという事実は、正当化できることは
なにもない。それはとても無礼な行為だ。彼がパルティザンへ移籍することは
理解していた。ズヴェズダは彼を望まなかったから。こういう出来事は以前にもあった。
しかし、試合終了時の彼のやり方はまったく低レベルなものだ。
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2010-10-27 01:11 | srbija
139.デルビー
ツルヴェナ・ズヴェズダ 0-1 パルティザン
モレイラ 6'

ズヴェズダ:
スタメンコヴィッチ 6,5, ニンコフ 6, トシッチ 5,5, ジョルジェヴィッチ 5, アディ 7,
イサー 6, ミロヴァノヴィッチ 6, カドゥ 6,5 (89. ボグダノヴィッチ –),
コロマン 7 (79. イェヴティッチ 6), ヴェショヴィッチ 6,5 (46. トリフノヴィッチ 6),
カルジェロヴィッチ 5,5.

パルティザン:
ストイコヴィッチ 7, ミリコヴィッチ 7, ラゼフスキ 6,5, ヨヴァノヴィッチ 7,
クルスタイッチ 7,5, ペトロヴィッチ 7 (74. カマラ 6,5), スミリャニッチ 7,
トミッチ 6 (65. バボヴィッチ 6), イリッチ 7, モレイラ 7, クレオ 7 (63. ボヤ 7,5).

MOM:ムラデン・クルスタイッチ

(採点はPolitikaより)


すでに時間が経っておりますが、覚書として。

ベオグラードダービーは無事終了 GKストイコヴィッチ「フーリガンなど恐れない」(Yahoo!)
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2010-10-27 00:08 | zvezda
今週のCL
インテル 4-3 トッテナム・ホットスパー

デキの今季(インテルで)初ゴール出ました~♪

…と喜んでいたら、ふくらはぎに痛みを感じて途中交代(涙)。
インテルはベイル一人にやられているし…。
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2010-10-21 22:32 | inter+calcio
選手のコメント
ポルトガルのメディアに語ったことを否定する
アンジェルコ・ジュリチッチのコメント

酷い気分だ!僕の言葉が広告費を稼ぐため、ある新聞の部数を伸ばすために
空想され、それが母国の新聞に翻訳されてしまうなんて。
ジェノヴァから帰って、あちらの記者にバスとイタリア戦で起きたことを
短く語った。しかし、新聞には僕が言わなかったことを多く書かれた。
自分の国と国民に唾を吐きたいと誰が思う?
僕はそんなことはしたくない。自分の国を愛している。
僕が祖国で不安を感じているとポルトガルのメディアが書いたことは
ナンセンスだと断言する。

僕達はもしかしたら狂った国民なのかもしれない。それは良い意味でだ。
しかし、僕はそんなことは言っていない。
フーリガンとEUについては、政治と僕はなんの接点もないとだけ言うよ。
僕を少しでも知る人なら、それが僕の表現のスタイルではなく、
興味の領域ではないことは知っている。


ディナモ・モスクワ公式サイトでのマルコ・ロミッチのコメント

僕はサッカー選手だから、イタリア遠征の後には、ゲームについて
語りたいと思っていた。でも、残念なことにそれをすることはできない。
あんな風に終わったことは悲しい。フーリガンのしたことは思い出したくない。

(試合の中止という主審の決定には同意する?)
審判には他の選択がなかった。フーリガンは試合を妨害したがったし、
その目的を見事に実行した。

(ロシアではセルビアのGKストイコヴィッチが襲撃されたと書かれている)
そうではない。実際はフーリガンは僕達のバスへ押しかけてきたけれど、
殴打まではいかなかった。チームは全力で僕達のGKを守り、支えた。

(あのような事件の後、ピッチに出たいと思う?)
セルビア人は果敢な民族で、ああいう熱狂的なファンとの「交際」には
慣れていると言える。今は、僕達のチームが集れるかが問題だ。
UEFAが厳しい制裁を求め、僕達の資格を奪うことは絶対にして欲しくない。
1~2試合を無観客で行うことが相応しい罰だと思っている。
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2010-10-17 15:10 | orlovi