オシム監督、急性脳梗塞で入院
オシム監督:急性脳梗塞で入院 自宅でTV観戦後に倒れる (毎日新聞)

サッカー:川淵会長「命を取り留めて欲しい」 オシム監督緊急入院 会見全文 (毎日新聞)

日本代表のオシム監督の現状についてご報告(07.11.16)(日本サッカー協会)

旧ユーゴ各地でも報道されています。

Ivica Osim doživeo moždani udar (MONDO)

NOGOMET: IVICA OSIM U KRITIČNOM STANJU (FENA)
   ↑この記事では心臓発作になっていますが…

CRNI DAN FUDBALA! (PRESS)
「サッカーの黒い日」…オシム監督が倒れた同日に、ズヴェズダが
トヨタカップで優勝した時のGKズヴォンコ・ミロイェヴィッチが
ドイツでの交通事故で重態というニュースが…。

…とてもショックです…回復をお祈りしています。

※BiH情報提供:Mic'oさん




セルビアのSport紙のサイトにアマル監督の電話インタヴューがありましたが、
それによると、

・千葉市内の病院まで父を搬送し、そこで医師団が素早く処置し、
 彼を装置に繋いだ。
・診断によると、少し強い?脳梗塞である。
・搬送中、父は言葉を一言も口にしなかった。
・医者は我々にまだ回復の可能性について何も語っていない。
・日本サッカー協会はとても良くサポートしてくれている。
 川淵会長の気遣いは我々にとってとても重要なこと。
[PR]
by yuzuru_yuyu | 2007-11-16 18:52 | osim
<< 今日のセルビア代表 ピクシー関連ニュース覚書 >>